有限会社 西山林業
〒701-2213 岡山県赤磐市今井1554
TEL:086-957-9833
FAX:086-957-9834
E-mail:nishiyama@nasuka-nr.com

菌床栽培を紹介します 2013/02/02

茄子花のきのこは主に「菌床栽培(きんしょうさいばい)」で栽培しています。
「きのこって、山の中で木に生えるんじゃないの?」と思われるかもしれません。
もちろん、野生のきのこは山に生えていますし、原木きのこは木に生えています。
 
菌床栽培とは、菌床でキノコを栽培する方法で、
菌床とは、おが粉に栄養源・水を混ぜた培地のことです。
 
茄子花のこだわりは、この菌床のおが粉です。
良質なきのこを栽培するのにふさわしい優れたコナラのみを使用しています。
岡山県内のコナラを伐採し、赤磐市の工場で、おが粉に粉砕します。
岡山県産のコナラのみを使用することで、“風味・食感・肉付” が優れた原木栽培にも
勝るとも劣らない良質なきのこを、安全に提供できるのです。
 


上の写真は、「ひらたけ」です。
(左)白い部分が菌床で、たくさんのひらたけの赤ちゃんが出てきています。
(中央)だんだんと、傘・軸(いしづき)が大きくなります。
(右)このくらいに育つと、収穫時期が近づいています。
 

上の写真は、「なめこ」です。
(左)白い部分が菌床で、茶色い部分が、なめこの赤ちゃんです。
(中央)ぽこぽこと、ひしめきあって出てきます。
(右)なめこの「ぬめり」が増し、ふっくらしてきます。
 
商品は、赤磐市の本社に隣接したハウスの中で栽培しています。
毎日、温度や湿度の管理をし、愛情をこめ、大切に育てています。